ACHIEVEMENT 実績

平成28年度予算に反映された近藤まさ子の実績

実績116

障害者就労支援 レベルアップ 3,797万円

(2013/3/6 様々な障がいに対応する就労支援について質問)

障害者の自立と社会参加の一層の促進を図るため、みなと障がい者福祉事業団において重度肢体不自由児・者の就労支援クラスを創設するとともに、障害者の一般就労の定着支援を強化します。

実績115

発達支援センター事業 レベルアップ 3,350万円

(2010/6/10 発達支援センター機能の充実を質問)

発達障害児・者、発達に支援を要する人およびその家族等の自立と社会参加の促進を図るため、発達支援センター相談室で実施する専門相談の回数を増やすとともに、保護者支援のための保護者教室を開催します。

実績114

キラキラいきいきプラザ等介護予防事業 レベルアップ 8,385万円

(2012/11/28高齢者の栄養改善に向けての食育を質問)

介護予防事業を推進するため、介護予防・日常生活支援総合事業として、運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能向上等を目的に、内容や定員を拡充したさまざまな教室等をいきいきプラザ等で実施します。

実績113

福祉のまちづくり推進 レベルアップ 1,876万円

(2014/9/29バリアフリータウンマップの充実を質問)

誰もが安全かつ快適にまちに出て活動できるよう、バリアフリーマップを再構築し、情報の内容充実やスマートフォン対応とする等利便性向上を図ります。

実績112

短期入所サービス充実事業 臨時(新規) 1,167万円

(2010/9/30レスパイト事業拡充、2015/3/4ショートステイ事業の拡充を質問)

短期入所サービスの充実のため、利用対象、利用方法等を検討し、障害保健福祉センターで実施している緊急一時保護事業およびレスパイト事業のベッド数を増やします。

実績111

障害者スポーツの普及 新規 544万円

(2011/10/4,2014/3/11,2015/3/10障がい者スポーツの振興について質問)

パラリンピックを見据えた障害者スポーツの普及に向けて、スポーツ教室を実施するとともに、スポーツセンターにおける障害者スポーツの環境整備を行います。

実績110

産後母子ケア事業 レベルアップ 738万円

(2010/10/1 出産に関わる母親の精神的ケアについて質問)

妊娠・出産・育児期における切れ目のない支援を実施するため、産後早期の母子への支援として情報提供・育児相談・母親同士の交流を促すデイケア(サロン)事業を開催することにより、地域の交流を深め、母子の孤立化を防ぎます。

実績109

バリアフリー観光の推進 臨時(新規) 938万円

(2014/9/29観光スポットのバリアフリー情報の充実を質問)

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、障害者や高齢者の観光に対する不安を払拭し、誰もがバリアを感じることなく楽しめるよう、車椅子利用者を想定した観光ルートを作成します。

実績108

粗大ごみ収集 レベルアップ 2億1,549万円

(2015/3/4 木製粗大ごみのパーティクルボードへのリサイクルについて提案)

木製資源の循環利用、ごみの減量や二酸化炭素の排出量を削減するため、木製粗大ごみをパーティクルボード(床や壁の下地等に使用される資材)として再資源化します。

実績107

みなとタバコルール推進 レベルアップ 3億5,220万円

(2015/3/4指定喫煙場所の増設を質問)

たばこを吸う人も吸わない人も快適に過ごせるまちを実現するため、定期巡回指導の充実に加え、新たに重点指導班を設け指定区域におけるルールの徹底や指導強化をするとともに、喫煙場所マップの作成・配布や指定喫煙場所の増設に取り組みます。

実績106

みなと環境アプリの開発 新規 524万円

(2014/3/5 生物多様性を楽しみながら学べるスポットの紹介をSNSで発信することを提案)

区民の環境意識の向上のため、スマートフォンのアプリを開発し、区の環境関連情報を一元的に発信するとともに、環境学習コンテンツを設けて、日頃から区民が楽しく気軽に環境問題を学ぶことができる機会を提供します。

実績105

災害時要配慮者支援 新規 1,589万円

(2007/6/15,2008/2/29,2011/3/8質問)

災害時に特に支援を必要とする災害時避難行動要支援者の名簿を作成し、支援等に必要な情報を登録するとともに、支援関係者へ情報を提供し、迅速な支援を可能とするため、災害時避難行動要支援者支援システムを構築します。

【実績114】職員対応要領が策定されました。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の施行を踏まえた区の取組について

  • 港区職員一人ひとりの取組を確実なものとするために職員対応要領として、職員の障がいを理由とする差別の解消の推進に関する要綱、そして、別に教育委員会においては学校職員を対象とした同様の要綱を策定する。
  • 要綱には相談体制、職員の研修、啓発の機会の確保、不当な差別的取り扱いの具体例なども盛り込む。
    これは昨年3月の質問により実現致しました。

平成27年3月13日の質問

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の施行を前に、服務規律としての職員対応要領の作成についてお伺いいたします。
「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」、いわゆる障害者差別解消法は、国連の障害者の権利に関する条約の締結に向け、必要な国内法の整備の一環として、平成25年6月に成立しました。全ての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、障がいを理由とする差別の解消を推進することを目的としています。そして、平成26年1月20日、日本はようやく障害者権利条約の140番目の締約国となりました。日本がこの条約を締結したことにより、障がい者の権利の実現に向けた取り組みが一層強化されることが期待されています。また、締約国は定期的に条約に基づく義務の履行等について報告書を国連に提出しています。その内容は、各国の専門家で構成される障害者権利委員会によって締約国に対してさまざまな勧告が行われることになるため、国内だけでなく国外からもモニタリングされることになります。
 国は、先月2月24日、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の規定に基づき、この法律の推進に関する基本方針を策定しました。地方公共団体の機関及び地方独立行政法人はこの基本方針に即して職員が適切に対応するために必要な要領を定めるよう努めることとしています。そこで、この職員対応要領の作成について、区はどのようにお考えなのかお伺いいたします。また、区においても、多岐にわたる障がいについて理解を深め、法の趣旨にのっとり、障がい者への差別を禁止するとともに、尊厳と権利を保障し、全庁的に適切な対応がなされるよう、全職員の服務規律としての対応要領を策定いただきたいと思います。あわせて基本方針にもあるとおり、差別禁止を確実なものとするために、具体的な取り組みとして、相談窓口、職員の研修、啓発の機会の確保等についても対応要領に明記していただきたいと考えますが、区長の見解をお伺いいたします。

【実績103】スポーツセンターの多目的トイレにユニバーサルーシートが設置されました。

一般の区有施設には初めての設置となる大人用のオムツ替えシートです。
アリーナのある5階には大きなシートがあります。大きくて良いが、キャスターもなく折り畳みが大変。 1階の正面玄関入って左の多目的トイレのものは簡単に引き出せますが足は出てしまう長さですが、ばっちり使えます。

【実績103】スポーツセンターの多目的トイレにユニバーサルーシートが設置されました。 【実績103】スポーツセンターの多目的トイレにユニバーサルーシートが設置されました。 【実績103】スポーツセンターの多目的トイレにユニバーサルーシートが設置されました。 【実績103】スポーツセンターの多目的トイレにユニバーサルーシートが設置されました。
【実績102】法人後見監督

平成22年2月に「地域福祉向上、そして、より良い身上監護を行うためにも、社会貢献型後見人の育成と、それを支える港社会福祉協議会による法人後見監督を進めるべき」との成年後見制度に関する質問を行いました。
平成24年度から法人後見監督が開始されていました。

【実績101】観光スポットのバリアフリー情報がアプリで

「港区まち歩きナビ」(ルートMINATO)の日本語・英語による観光スポット案内にバリアフリー情報が追加されました。

2014.6月 交通・環境等対策特別委員会にてバリアフリータウンマップのアプリを提案
2014.9月 決算特別委員会にて観光スポットのバリアフリー情報提供を提案質問

今回は始めの一歩。
更に使い易い物になることを期待しています。

【実績101】観光スポットのバリアフリー情報がアプリで 【実績101】観光スポットのバリアフリー情報がアプリで 【実績101】観光スポットのバリアフリー情報がアプリで
【実績100】初当選した直後の一般質問の一部が実現しました。

8年前に初当選した直後の一般質問の一部が実現しました。
医療的ケアを必要とする児童の保育事業です。
大小様々な分野の実績がありますが、この実績が100番目であることに感激もひとしおです。
長男も医療的ケアが必要な時期がありました。
写真は入院中の長男と3番目の子どもを身ごもっている私です。
当時の私は、大事に大事に特別に、1対1での療育を希望し、決して保育園の集団に入れることは反対でした。
当時の港区立のぞみの家の先生に、「子どもは育ち合うもの、大丈夫」と背中を押され、保育園との交流も。
今でも大島分類1の長男ですが、その存在だけで日々の私を元気づけ、勇気づけ、癒してくれている宝の存在です。
誓いも新たに、これからも、長男が教えてくれたことを区政に生かして参ります。

【実績100】初当選した直後の一般質問の一部が実現しました。 【実績100】初当選した直後の一般質問の一部が実現しました。 【実績100】初当選した直後の一般質問の一部が実現しました。
【実績99】暗い夜道が明るくなりました。

以前頂いていたご相談が形となりました。
写真右側の街路灯を設置し、暗い夜道が明るくなりました。

【実績99】暗い夜道が明るくなりました。   【実績99】暗い夜道が明るくなりました。
【実績98】麻布十番商店街の交差点の安全対策をしました。

麻布十番商店街の交差点は、横断歩道と歩道との境目が低くなっているため、雨が上がっても雨水がしばらくのあいだ溜まっていました。
商店街を訪れる方々が横断歩道を避けて車道を歩くことになると危険です。
そこで、雨水の流れる道をつくって頂きました。

【実績98】麻布十番商店街の交差点の安全対策をしました。 ▶︎ 【実績98】麻布十番商店街の交差点の安全対策をしました。
【実績97】バス停にベンチが設置されました。

皆様、お待たせ致しました。予定より3か月遅れましたが、ちぃばすバス停にベンチが設置されました。
高齢者施設に一番近いバス停で、多くの皆様からご要望を頂いていたベンチです。

【実績97】バス停にベンチが設置されました。
【実績96】安全対策が実現しました。

保育園前のこの交差点は通学路でもあり、児童遊園のそばでもあり、ヒヤリハット多発。
「自転車も車もしっかり認識してほしい」ということで、横断歩道標識を取り付けて頂きました。

【実績96】安全対策が実現しました。 ▶︎ 【実績96】安全対策が実現しました。
【実績95】首都高(株)に鳩除けネットを掛けて頂きました。

1月に、「高架下の鳩の糞を何とかしてほしい」「景観も損ね、何よりも不衛生」とご相談を頂いていた首都高に鳩除けネットを掛けて頂きました。鳩が止まれなくなり、歩道が綺麗になりました。

に鳩除けネットを掛けて頂きました。 ▶︎ に鳩除けネットを掛けて頂きました。