ACHIEVEMENT 実績

平成27年度予算に反映された近藤まさ子の実績

実績94

⑨オープンデータの活用(新規1,300千円)

オープンデータ化を推進するためガイドラインを作成

実績93

⑥東京オリンピック・パラリンピック等気運醸成(臨時・新規20,592千円)

競技大会の開催に向け、区民の「する」「みる」「支える」スポーツ活動を推進する事業を実施

実績92

⑤障害者差別解消法啓発事業(臨時・新規2,264千円)

平成28年度の法施行に向け、職員・指定管理者を対象とした研修及び民間事業者や区民を対象とした周知活動を行う

実績91

③産後母子ケア事業(新規5,331千円)

産褥期(産後約2か月)の保護者への支援強化。妊産婦の相談対応のため保健所に助産師を配置。 (2013/3月予算特別委員会にて質問 産後ケアの充実を訴える)

実績90

①がけ・擁壁改修助成(新規30,000千円)

工事費用の1/2上限500万円まで助成

【実績89】高橋明監督の講演会が実現しました。

シドニーパラリンピック車椅子バスケットボール高橋明監督(過去5回の冬季、夏季パラリンピックの日本選手団の監督やコーチを務められた)の「可能性を信じて~変化するすばらしさ~」と題する講演会が2014年12月23日、みなとパーク芝浦オープニングイベントにおいて開催されました。
これは、2014年3月の予算特別委員会で高橋先生をご紹介し、講演会の開催を強く要望し、実現したものです。

高橋先生のお話については下記ブログをご覧ください。

『近藤まさ子 オフィシャルブログ「笑顔あふれる ユニバーサル社会の実現」』

誰もが自らの可能性を信じて欲しい。
そして、誰もがその可能性に向かって挑戦できる環境を整えたい。

【実績89】高橋明監督の講演会が実現しました。
【実績88】図書宅配サービス利用対象者に代理人の有無を問うべきではない」との質問が実現しました。

障がいや要介護状態で図書館に来館できない方に、本や雑誌を郵送するサービスですが、港区では、家族等代理人がいる方は利用できず、代理人の有無を問わないで欲しいとのお声をいただき、平成26年3月11日に予算委員会にて質問させていただきました。
忙しい家族にお願いできない場合や、読みたい本を家族に知られたくない場合もあり、「本を読みたい」という気持ちを受け止めていないサービスであることを訴え、早急に検討し改善するとの答弁を引き出すことができました。

2014/3/11のブログより

平成26年10月1日から代理人の有無を問わずに利用可能に。広報みなとにもそのお知らせが掲載されます。(平成26年10月21日号)

【実績87】臍帯血バンクの広報がスタートしました。

平成25年9月に行った一般質問として、再生医療の推進、そして多くの方の健康に寄与するためにも臍帯血や臍帯血バンクの意義についての港区での広報を提案させていただきました。
きっかけは、臍帯血採取施設についての区民相談。再生医療の一つである臍帯血移植を行うことで、国内では毎年千人以上の白血病患者の命が救われています。
港区ホームページの「妊娠・出産」サイトの「出産」のページに下記「さい帯血移植について」記載。ネット上での広報が実現しました。
これからも、皆さまの声をしっかりと議会に反映し、ひとつひとつ確かな形にしてまいります。

 さい帯血移植について

【実績87】臍帯血バンクの広報がスタートしました。