議会報告

平成30年の議会・委員会報告 →
平成29年の議会・委員会報告 →
平成28年の議会・委員会報告 →
平成27年の議会・委員会報告 →
平成26年の議会・委員会報告 →
平成25年までの議会・委員会報告 →

保健福祉常任委員会(3月27日)

  1. 港区立麻布子ども中高生プラザ指定管理者の公募について

    💎H32.4.1~H37.3.31(5年間) H31.4.12~公募開始
    🚩公募要項にはこれまでの課題と思われるものを反映するよう要望!!
    利用人数が増えたことでの安全対策
    外国人利用者が3割とのことで多言語対応
    特別な配慮が必要な利用者への対応充実
    事業の周知

  2. 港区立介護予防総合センター指定管理者の公募について

    💎H32.4.1~H37.3.31(5年間) H31.4.12~公募開始!!

  3. 災害医療対策について

    💎災害時における妊産婦等支援活動に関する協定書について
    H31.3.15公益社団法人 東京都助産師会品川港地区分会と協定締結
    会員助産師50人のうち区民助産師10人が母子救護所の運営や区民避難所の巡回等を行う!!
    💎港区在宅人工呼吸器使用者自家発電装置給付事業について
    H31.4.1開始
    港区災害時避難行動要支援者登録事業による個別支援計画において、自家発電装置の準備をする必要がある方(現在21人対象)
    対象者からの申請で現物給付(カセットボンベを使用するタイプで、耐用年数6年)

東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会(3月26日)

  1. MINATOシティハーフマラソン2019の大会要領について

    宝石ブルー2019年度中に第2回を開催予定だが、第1回からの主な変更点は・・・
    ⁂ 定 員 ハーフマラソン5,000人=区民先行2,400人、障がい者100人、その他2,400人、チャリティランナー(3万円)100人
    ファンラン500人から700人へ=区民先行650人、障がい者50人
    ⁂ 参加料金 ハーフマラソン5,000円から7,000円へ、ファンラン500円
    (経費の15%相当が適当とされているため)
    ⁂ 大会出場者の決定方法 先着順から抽選方式へ(チャリティ枠のみ先着順)
    🔔 2018で参加されたハンディのある方からは喜びの声を伺っています!!
    パラリンピックの前の2019大会では、その輪が大きく広がることを願っています!!

  2. 東京2020大会開催を見据えた今後の気運醸成の取組について

    東京2020大会カウントダウンボードを58箇所に設置
    平成31年度港区「東京2020応援プログラム」推進事業助成制度のうち、A団体(町会・自治会等)への助成を25団体から30団体へ

港区都市計画審議会(3月19日)

  1. 西麻布三丁目北東地区に係る都市計画案について

    港区まちづくりマスタープラン(H29.3月)では、国際色豊かな商業・業務・交流機能の集積と、安全・安心で快適な居住機能が共存し、多くの人が集う街づくりを推進するなどとなっている
    しかし、課題は・・・
    緊急輸送道路は未整備で歩行空間が不足
    地下鉄六本木駅周辺との安全な歩行者ネットワークが形成されていない
    沿道建築物の耐震化が進んでいない
    緑や公園等のオープンスペースが不足
    市街地環境や防災性の向上
    こうした背景を踏まえて、補助第10号線(テレビ朝日通り)の拡幅整備、まとまりのある広場の整備等を行うとともに、幹線道路沿道にふさわしい多様な都市機能が集積した土地の高度利用により、周辺市街地と調和した緑豊かで魅力ある複合市街地を形成します!!
    六本木交差点近くは超高層敷地で、住宅、事務所、店舗、ホテル棟(地上55階地下2階 建物の高さ約200m)!
    寺社敷地は地上約17メートル!

  2. 環状第二号線新橋・虎ノ門地区に係る都市計画案について

    H24.3月港区が策定した「環状2号線周辺地区まちづくりガイドライン」では、東京の新たな顔となるシンボルストリートにふさわしい風格と賑わいのある魅力的な街並みを創出
    H25.3月沿道の区域において「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」に基づく街並み再生地区を指定し再生方針を策定
    H26.12月都市計画区域の整備、開発及び保全の方針には、環状第二号線の整備に合わせ、沿道地域の老朽化した建築物の機能更新を図ることにより、業務・商業・居住機能などの集積が進むとともに、拡がりと厚みのある緑豊かな都市空間を創出
    地区内における魅力と活力を生み出す沿道まちづくりを推進するため約0.3haの区域で地区整備計画の策定に伴い地区計画の変更を行う!!
    事務所、店舗、貸会議室 地上14階地下2階、建築物の高さ80m!

保健福祉常任委員会(3月11日)

午後からの保健福祉常任委員会は追加議案の審査でした。

1⃣ 港区国民健康保険条例の一部を改正する条例
💎保険料率等を改定するもので、保険料減額措置の拡充及び保険料の賦課限度額の変更等
💎医療費は増大、保険料収入は減少、国保料一部値上げとなる理由
 国保加入世帯数は、平成28年から減少←社会保険の加入基準が緩和されたことと、後期高齢者への移行が増えたこと等のため
 国保加入者の職業は、発足当時は農林水産業や自由業が多かったが、現在は高齢者、無職、非正規労働者が多くなっている
 国保以外の健保は保険料の半分が事業主負担
重複診療やジェネリック医薬品の対策、収納率を増やすことや、多子世帯の子どもたちへの均等割額減額について国に強く要望することを求め、議案に賛成しました!

賛成多数で可決されました。
ここで14:46になり、1分間の黙祷。
犠牲になられた多くの方々のご冥福を心より祈念し、一日も早い復興を祈りました。
各常任委員会、特別委員会にて明日の委員長報告案文を確認しました。

予算特別委員会最終日(3月8日)

予算特別委員会最終日の今日は、杉本区議が会派の総括質問にたちました。
私の質問は2問でした。

  1. 港区シルバー人材センターへの今後の支援について

    平成30年8月に公表された経済白書の副題は「今、Society 5.0の経済へ!」日本経済の現状と課題について分析し、人生100年時代を見据えた人づくりや多様な働き方の実現についても、論じられています。 これを参考に、人生100年時代を見据え、希望する多くの方が生きがいを持って働き続けられる環境整備のために、就業情報提供のシステムの充実、会員のスキルアップ等、港区シルバー人材センターへの支援の充実を図ることについて

  2. 東京2020大会を契機としたボランティア活動支援の充実について

    観光、スポーツ、福祉分野等の区内のボランティア情報を集約し周知すること。さらに、ボランティアをお願いしたい人、ボランティアをやりたい人、両者のマッチングが可能となる取り組みなど、この港区において共助の精神がレガシーとなるようなボランティア活動支援の充実を図ることについて

二問とも大変前向きな答弁を頂きました。
最後に、他会派から提出された修正議案は否決され、原案が賛成多数で採択されたあと、予算特別委員会は午後6時に終了いたしました。

予算特別委員会 教育費(3月5日)

2019
  1. 野球チーム発祥の地としてのPRを

    夏季オリンピック競技の野球は過去2回正式競技から外されましたが、2020年から始まる開催地提案として、野球、ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンなど5競技18種目が追加種目として決議されました。
    東京2020大会の機運を大いに盛り上げるためにも、港区が野球チーム発祥の地であることを周知し、このことがレガシーとなり区内の少年野球チームが誇りを持ち高校球児、プロ野球選手の夢を描けるような取組を!

  2. 1928年に国民の健康増進を図るために創設されたラジオ体操は、区内小・中学校や毎朝公園などでも行われています。
    東京2020大会への気運醸成事業として「みんなでラジオ体操プロジェクト」の取組も実施しています。
    港区でも区民の健康増進を目的に、指導員のもとで効果のある体操として実施できるよう周知啓発の取組を!
    ラジオ体操の背伸びの運動と腕、足の運動を実演しましたが、残念ながら写真はありません!

どちらも大変前向きな答弁をいただきました。

予算特別委員会 土木費(3月4日)

私は質問時間が無かったので仲間の議員に質問原稿を託しました。
高齢者等にやさしい街づくりとなるよう、バス停のベンチについて複数の方から頂いたご要望の質問です。

  1. 民有地にあるちいバスのバス停は、区が所有者との協定を交わし設置!
    区内には3ヶ所あるが、さらに所有者にあらためて協力をお願いし、可能なところにはベンチの設置をして頂きたい。
  2. 開発などで歩道を整備した後に、これまであった都営バスのバス停のベンチや上屋を原状復帰する様東京都に申し入れて頂きたい!

ご要望があってからすぐに区の担当課には動いて頂いていましたので、前向きな答弁を頂くことが出来ました。

予算特別委員会 衛生費(3月1日)

2019
  1. 来年度新たに取り組む受動喫煙防止対策のための相談窓口について

    来街者が多く昼間人口100万人の港区で、事業者や店舗での対策を充実させて頂きたい!
    国の受動喫煙防止対策助成金や、東京都が来年度予定している受動喫煙防止対策戦補助事業についてもしっかり把握し情報提供すること!
    環境リサイクル支援部環境課・みなと保健所健康推進課・各総合支所協働推進課との連携!
    相談窓口案内のリーフレット作成について要望

  2. 災害時の妊産婦への支援について

    旧愛育病院との協定で100人定員の母子救護所はあるが、協定締結当時より年間の出生数は100人増えているが、救護所拡充の必要性は?
    妊娠出産というストレス、産後うつのリスク、そして何より災害という大きなストレスが加わる妊産婦に、きめ細やかな支援体制を整えるべき!

  3. 災害時電気がストップした時の在宅人工呼吸器使用者への自家発電装置を給付する来年度の新規事業について

    全員に、そして、新たな対象者にも、また、耐用年数にも対応するべき。

予算特別委員会(2月28日)

2019

予算特別委員会4日目は民生費でした。

  1. 港区保育園入園基準の見直しについて

    週5日以上で一日8時間以上の就労を常態としている場合は20点ですが、就労時間が少なくなるにつれて、保育の必要性を示す点数が減っていきます。
    1日8時間働いたとみなされないケースを示し基準の見直しを質問しました。

  2. 生活保護費とは別に港区が独自に支給している法外援護について担当者の認識にズレがあった為、統一すべきと質問!
     さらに、保護費の予算が新年度マイナス約4億円となっている理由について!◀保護受給者が減ったことが大きな要因!
  3. 重度障がい者が介護サービスを受けながら働けない今の制度を、さいたま市は在宅就労時も訪問介護を受けられる全国初のサービスを市独自で提供し始めることを例に、港区でも検討を始めるべき!
  4. 区立と民間の施設、および、在宅でのより良い看取りを支援する取組を始めるべき!
  5. 無料入浴券を利用しない高齢者に理美容サービス券の配布を検討しては!?

1のみ前向きな答弁でした。

予算特別委員会(2月27日)

2019

予算特別委員会3日目は環境清掃費でした。

  1. みなとタバコルールの周知徹底について

    開発、ビルやマンションの建て替え等で港区に訪れる建設関係事業者が、駐車場や路上で喫煙することが多く、隣家に煙が入ったり、児童生徒の登校時間に通学路に煙が回ることもあり
    タクシー運転手のマナーの悪い喫煙もあり
    巡回指導員による更なる周知徹底等対策を講じるべき!

  2. ポイ捨てや犬の糞尿をなくすための取組について

    港区環境美化の推進及び喫煙による迷惑の防止に関する条例には、「区民等は、飼い犬を散歩等させるときは、その飼い犬のふんを持ち帰るよう努めなければならない」とある!!
    歩道に放置された糞のある場所は、シルバーカーやバギーや車椅子の通り道なので、しっかりと対策を講じて頂きたい!!
    糞の放置に罰則を設けているところは23区では杉並、足立、目黒、渋谷で、杉並以外は罰金規定もある!!
    港区でも周知の他、条例に罰則規定を設けていくべきではないか!?

1のみ前向きな答弁でした。

予算特別委員会(2月26日)

2019

本日の予算特別委員会は総務費でした。
私は、防災と港区版ふるさと納税について質問しました。

  1. 来年度予算で避難所でのスマホ対応充電器を購入するが、その他に、ソーラーパネル接続可能な蓄電器期の用意、コンビニ事業者や区と防災協定を結ぶ防災競技団体との協力体制を事前に取り決めておくことも重要と考えるが如何?←調査研究する!
  2. ① 現在の時点で避難行動要支援者登録名簿を提供している支援関係者は?←警察・消防・介護事業者!
    ② 町会・自治会と名簿を共有する必要性についてどのように認識しているか?
  3. ① 福祉避難所へ避難する障がい者の介助者として家族は1人と国の規定ではあるが、港区の考え方は?2人でもOKか?←障がい者の状態と避難所の状況で柔軟に対応する!
    ② 圧倒的に足りない障がい者の福祉避難所の現状から、区内の都立特別支援学校2校と福祉避難所として検討を開始すべき!←調査研究する!
  4. 和歌山市のふるさと納税に「猫殺処分0」を掲げ大変盛り上がったことを受け、港区でも地域猫対策にボランティアの貢献が大であることから、「ふるさと納税」対象事業として様々な区内のボランティア団体への活動助成を検討頂きたいが如何?←ボランティア団体と協議を開始する!

1と3の② 以外は前向きな答弁を頂きました。

保健福祉常任員会(2月20日)

本日の保健福祉常任員会は付託された議案審査でした。

1⃣ 議案第6号 港区国民健康保険高額療養費資金及び出産費資金貸付条例を廃止する条例
高額医療費や出産費用は事前に限度額適用認定証の交付を受けていれば、窓口で自己負担限度額までの支払いですみます。
これは公明党の実績です!
この制度が活用されるようになり、資金の貸付を利用する方がここ数年なくなったことで、廃止することになりました。
その後、継続審査となっている請願について再度態度表明を行い採決しました。
💎請願29第2号 コンビプラザ品川保育園における継続運営に関する請願(継続)
💎請願29第11号 保育所職員に対しての処遇改善を求める請願(不採択)
💎請願30第4号 別居・離婚後の親子の断絶を防止する法整備を求める請願(継続)
💎請願30第5号 別居・離婚後の親子の断絶を防止する公的支援を求める請願(継続)

第1回港区議会定例会 一般質問(2月15日)

2019

一般質問に立たせていただきました。

  1. 1 障がい児・者施策の充実について

    ⑴ 保育について
      元麻布保育園での障がい児保育の実施にあたり、療育の充実を!
    ⑵ 教育について
      ア 学校における看護師、学習支援員、介助員の支援のあり方について
      イ 登下校の支援体制の整備を!
    ⑶ 就労について
      遠隔操作のできるロボットの活用等、テレワークの実施を!

  2. AEDを活用しやすい環境整備について

    非医療従事者である一般区民がAEDを活用できるようになったのは平成16年から!
    AEDを活用できれば救われる命が増える!
    総務省消防庁の「平成30年版救急・救助の現況」を参考に質問しました。
     ア 新年度から実施の戸別訪問収集作業時におけるAED携行と、すでに携行している防犯パトロール、
       通称「青パト」のAED携行について周知を!
     イ AED設置場所を瞬時にスマホで確認できる情報提供を!

  3. 消費税増税に伴うプレミアム付き商品券の影響について

    区は商店街連合会発行の20%と10%の商品券のプレミアム分を支援している!
    消費増税の緩和策として非課税世帯と0歳~2歳児に配布する商品券は国の予算で、25%のプレミアム!
     ア 商店街・利用者の双方にメリットのある事業として実施する方策について

  4. 歩道整備について

     ア 切り下げにより歩道のバリアフリーの連続性が失われている道路が多い!シルバーカー、バギー、
       車椅子利用者が安全・安心に移動できる歩道整備を!

 すべて前向きな答弁を頂くことが出来ました。

保健福祉常任員会(2月4日)

  1. 南麻布三丁目保育室の園舎増築計画の変更について
  2. 平成31年第1回港区議会定例会提出予定案件について
  3. 平成31年度組織改正について

保健福祉常任員会(1月21日)

  1. 多様な意思疎通のための手段の利用促進及び言語としての手話の普及に向けた取組について

    💎障がいの個々の特性に応じた多様な意思疎通のための手段の利用を促進し、手話を言語として認識し、その普及を図ることを目的として、区民や事業者にも協力を求め、区の障害者福祉施策の充実を図るため、新たな条例の指定に向けて検討を進める!

  2. 風しんに関する緊急対策について

    💎39歳~56歳の男性に対して予防接種法に基づく風しんの定期接種を実施!➡本年3月下旬から2022年3月まで!
    💎成人の風しん対策事業として実施している任意接種の費用助成を拡大!

  3. 認証保育所運営費等補助金の拡充について

    💎認証保育所の保育の質を確保する為、運営費等補助金の補助対象項目に技能・経験に着目した加算及び修繕費を追加!

  4. 港区自殺対策推進計画(改訂版)(素案)に寄せられた区民意見について

    💎12/3~1/4の1か月間のパブコメで寄せられた意見はメールで2人から3件のみ
    💎計画の名称について
    💎見出しの言葉について
    💎積極的な改定案であると感じた

  5. 港区立芝保育園における汚水漏水事故について

    💎昨年12/26午前トイレから汚水が逆流し廊下等が浸水
    💎大型バス等チャーターし全園児を代替施設に移送
    💎園舎内の清掃・消毒、床張替等改修工事を行い1/15に運営再開