近藤まさ子の実績

実績158 カーブミラーを設置していただきました。

2018

南麻布の狭い区道の見通しが悪く、児童生徒の通行も多くなっているため、安全対策としてカーブミラーを設置していただきました。

実績157 グリーン帯と白線を引きなおしていただきました。

2015
▶
2015

東麻布にあるいきいきプラザ横の歩道の安全対策のために設置したグリーン帯が塗料が落ち、色が薄くなったため、車道と歩道の境を明確にするためグリーン帯と白線を引きなおしていただきました。

実績156 安全対策として白線の引き直しと一時停止線を引いていただきました。

2015
▶
2015 2015

東麻布の角地のお宅で2方向に出入口があり、写真左側からの車が左折する際、出入口に接近して走行するため危険な思いをされたことが多かったとのこと。
白線が薄くなったこともあり、安全対策として白線を引き直し、さらに一時停止線も引いていただきました。

実績155 滑り止めと手すりを設置しました。

2018 2018 2018

「危険な入り口のスロープがあります!」と2か月前に頂いていたご意見ですが、滑り止め、手すりと順次改善して頂きました!
雨が降っても、高齢者、障がい者の皆さんが安心して出入りできるようになりました。

実績154 六本木アートナイトが実現します!

2018 2018

2017年9月に、六本木アートナイトが障がい者にとっても素晴らしい文化芸術を創造し享受できるイベントとなることを要望し、本年実現します。
アール・ブリュット&障がいがある人の作品展「共生のエレメントDreaming ART Night」
5/23(水)~27(日)
国立新美術館1階ロビー
六本木アートナイトは5/26・27ですが、国立新美術館でのこの作品展は23日からです。
素晴しい作品展です!皆様、是非、お出かけください。

平成30年度予算に反映された近藤まさ子の実績

実績148 専門家によるがん教育が実現!

2018

我が会派は早くから生徒へのがん教育実施を議会で質問してきており、私は専門家によるがん教育の必要性を2013年10月に質問しました。
2月15日、御成門中学校で慈恵医科大学付属病院緩和ケア認定看護師さんによる第1回目の授業を視察させて頂きました。
※写真は、視察を快諾いただいた校長先生(中)と

実績147 区の掲示板を移設!

2018 2018

横断歩道前に区の掲示板と道案内版があり、狭い歩道に立ち止まって二つの案内板を見る方々が多く、バギーも通れない!
とのお声を頂きました。
休会中の町会の地域ですが、皆様からも同様の意見を頂き、土地所有者に確認し掲示板の移設が実現しました。

実績146 障害者アート展に東京2020大会公認プログラムのロゴマーク付与

2018

国立新美術館で開催された「地域で共に生きる障害児 障害者アート展」に、東京2020大会公認プログラムのロゴマークが付与されました。
ロゴマークの付与については2015年9月に提案質問しました。
写真右下のマークが公認プログラムのロゴです。

実績145 南麻布3丁目のカーブミラーを2面にしました。

2017

一方通行の道路でT字路にカーブミラーがついていましたが、誤って行き止まりのところを右折して進入する車が多く、バックで戻る際に安全確認ができない為、下方向のカーブミラー設置について町会から要望があり、実現しました!

実績144 歩道の安全対策が実現!

2017

写真手前から横断歩道を渡って右折するとバス停があります。
その際、「グリーンのガードパイプだけを見て右折すると縁石につまづきそうになり危険です!」とのお声を頂き、紅白ポールを交差点2か所に設置して頂きました。

実績143 安全対策が実りました。

2017

歩道の分離ラインの色が薄くなり、保育園児や児童たちの通行の安全性を心配するお声を多く頂いていました。
担当課にお願いし、新たにラインを引いて頂きました。
車道との境がはっきりし、歩行者の安全性が高まりました。

実績142 区の掲示板が設置されました。

2017

「掲示板が設置されましたよ、ありがとう!」との連絡を頂き、朝一番で確認してまいりました。
この地域には町会の掲示板はありましたが休会中の為掲示物がなく、区の情報等を目にすることができない地域でした。
『広報みなと』だけでは区の情報は周知できません。
安全安心なまちとする為にも防災情報等の掲示も必要です。
「区の掲示板を設置して頂けないか!」とのお一人の声から、地域の皆様に一軒一軒ご意見を頂きお声を集め実現しました。

実績141 元麻布2丁目の安全対策をしました。

2017

元麻布2丁目の見通しの悪い所の安全対策のご相談を頂いていました。
要望していたカーブミラーの設置が完了したとの連絡を担当課長より頂き、早速視察してまいりました。

実績140 条例のパンフレットに性的少数者の人権の尊重を明記されました。

2017 2017 2017

本年6月の第2回定例区議会で、港区男女平等参画条例に性的指向、性自認を明記し、性的少数者の人権の尊重を明記すべきと質問しました。
条例は改正されていませんが、10月発行の条例のパンフレットにはしっかり明記をされました。
港区において性的少数者の人権がしっかり守られるよう、今後も頑張ってまいります。

実績139 南麻布2丁目の私道に「進入禁止」の表示が実現

2017 2017

私道にもかかわらずナビで示されるようになったことで、タクシーや2トン車まで進入し、先は大変狭くなっていることで民家の壁等にぶつかることが多発し、地域の皆様から対策を要望されました! 地権者、町会のご協力頂き、路面表示が実現しました!

実績138 工賃アップを目指して障がい者施設生産物(福岡八女茶ティーパック)の販路拡大が実現

2017 2017 2017

「切腹最中」で有名な新正堂さんのご厚意で陳列させて頂きました。
Binちゃんの多大なご協力も頂きました。

実績137 障がい者グループホーム六本木ヒルサイドホーム完成

2017

親亡き後の居住の場の確保を様々な角度から質問していました。

平成29年度予算に反映された近藤まさ子の実績

実績129 実績121に続き衛生介護用品のメニューが拡充されました。

2017 2017

布製防水シーツと防水シーツ大判、介護用使い捨て手袋、消臭剤、お尻拭きも拡充されました。
拡充された部分の拡大(写真)
対象となるご家族にはご案内が既に郵送されていますが、拡充となってお歓びの声を続々と頂いています。

実績128 白金1丁目にカーブミラー設置

2017

自転車の衝突事故や車との接触事故がある白金1丁目の交差点に、長年要望してきたカーブミラーが設置されました。
早速地域の方から喜びのお声も頂きました。

実績127 港区初のフードドライブ実施

2017

広報みなとに、港区初のフードドライブ実施のお知らせが掲載されています。
2月11日(土曜・祝日)午前11時から午後1時
エコプラザ(浜松町1-13-1)
家庭で余っている食品(未開封で賞味期限が3/14以降の物)を持ち寄って頂き、それらはフードバンクNPO法人セカンドハーベスト・ジャパン2HJ)に寄付し、そこから食品を必要としている福祉団体や施設等へお届けして頂きます。
2016年9月にエコプラザでのフードバンク事業について提案質問致しました。

実績126 教育委員会の表彰制度が見直されることになりました。

教育委員会の表彰制度(東京都大会規模以上の学業・研究活動・スポーツ・芸術等の行事で優秀な成績を収めた場合)が見直されることになりました。
「区立学校の児童・生徒は表彰されても、同じチームにいながら私立学校の児童・生徒は表彰されない、これって何とかなりませんか?同じ港区の子どもなのに・・・」
とご相談を受け、教育委員会に申し入れ議会でも昨年3月しっかり要望しました。
その結果、平成28年度表彰から・・・
① 港区内団体 ② 区内に拠点のあるクラブチーム等(団体) ③ 区内在住在学の生徒等(個人)に公立・私立に関係なく対象が広がりました。
しかも、特別支援学校(幼・小・中)も入っています。
障がい者スポーツの表彰についても平成20年10月から度々質問しています。
引き続き、高校生以上の障がい者アスリートの表彰についても要望して参ります。

実績125 「地域で共に生きる障害児 障害者アート展」の復活

2017

国立新美術館での「地域で共に生きる障害児 障害者アート展」の復活は、個人的にも申し入れ、会派仲間に託し議会で質問もしてまいりました。
今後も継続を訴え続けて参ります。

実績124 四の橋バス停にベンチ設置

2016

四の橋バス停にベンチが設置されました。
区民相談からの要望が実現したものです。皆様にとても喜ばれています。

実績123 芝浦港南地域に新設校設置

2015/11/26児童数が増え続ける芝浦港南地域の小学校の適正規模・適正配置について質問し、2016/7月に教育長より「芝浦小学校通学区域内であるみなとパーク芝浦の芝生広場に新設校を設置する」との答弁をいただきました。

実績122 国際学級実施校拡大

2012/6/29から数回質問していますが、H24開始の東町小学校での英語による授業について拡充、更に、卒後の中学校での開設の必要性を訴えていました。
来年度から南山小学校1年、六本木中学校1年に開設されます。
 詳細→

実績121 衛生介護用品のメニューの拡充

2015

紙おむつ給付事業(高齢者・障害者)の物品に、介護用シートとおしりふきが追加されました。
要介護者への紙おむつ給付事業で、紙おむつだけでなく清拭用具やシーツ等のご要望を頂き、昨年9/28に質問していたものです。
写真下段の二つです。
在宅で介護されている方々から、「尿漏れ便漏れの臭いは介護している人にしかわからないでしょう」とご意見を頂いています。今回更に、介護用手袋や消臭剤もメニューに追加頂くよう要望します。

実績120 四の橋通児童遊園のトイレが洋式になりました。

2015
▶
2015

高齢者の皆様からは、洋式でないと膝が痛くて入れない。
子どもたちのママからは、子どもが後ろ向きで座るので、誰かに開けられたら怖いと言ってトイレに入れない等と多くのお声を頂いていました。

実績119 白金保育園前のマンホール蓋の凸凹が改善されました。

2015
▶
2015

躓いて危険とご相談頂いていた白金保育園前のマンホールの蓋の凸凹の補修ができました。
区の早急な対応に感謝です。何事も連係プレーが大切です。

実績118 港区オープンデータが公開されました。

6月28日から港区オープンデータが公開されました。(2014年2月質問)
オープンデータとは、国、地方公共団体、独立行政法人、公益事業者等が保有する公共データを、機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータのことをいいます。
ICT を活用し、民間との連携・協働で、地域の課題解決、区民サービス向上につながります。

<公開されたデータ>

 ①公共施設
 ②人口(町丁目別・年齢別人口世帯数、事業所及び事業者数)
 ③統計(大気汚染、運河の水質調査、古川水質調査)
 ④ごみ(ごみ収集量、資源回収量、月別清掃データ)

実績117 南麻布4丁目高齢者施設の出入口のガタつきが改善されました。

2015
▶
2015

南麻布4丁目高齢者施設の出入口、敷地と歩道の境のコンクリートブロックが破損しているため、送迎車中の高齢者がそのガタつきに大変不快な思いをされているので改善をとのご要望をいただいておりましたが 改善されました。

平成28年度予算に反映された近藤まさ子の実績

実績104 職員対応要領が策定されました。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の施行を踏まえた区の取組について
◆港区職員一人ひとりの取組を確実なものとするために職員対応要領として、職員の障がいを理由とする差別の解消の推進に関する要綱、そして、別に教育委員会においては学校職員を対象とした同様の要綱を策定する。
◆要綱には相談体制、職員の研修、啓発の機会の確保、不当な差別的取り扱いの具体例なども盛り込む。
これは昨年3月の質問により実現致しました。

平成27年3月13日の質問

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の施行を前に、服務規律としての職員対応要領の作成についてお伺いいたします。
「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」、いわゆる障害者差別解消法は、国連の障害者の権利に関する条約の締結に向け、必要な国内法の整備の一環として、平成25年6月に成立しました。全ての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、障がいを理由とする差別の解消を推進することを目的としています。そして、平成26年1月20日、日本はようやく障害者権利条約の140番目の締約国となりました。日本がこの条約を締結したことにより、障がい者の権利の実現に向けた取り組みが一層強化されることが期待されています。また、締約国は定期的に条約に基づく義務の履行等について報告書を国連に提出しています。その内容は、各国の専門家で構成される障害者権利委員会によって締約国に対してさまざまな勧告が行われることになるため、国内だけでなく国外からもモニタリングされることになります。
 国は、先月2月24日、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の規定に基づき、この法律の推進に関する基本方針を策定しました。地方公共団体の機関及び地方独立行政法人はこの基本方針に即して職員が適切に対応するために必要な要領を定めるよう努めることとしています。そこで、この職員対応要領の作成について、区はどのようにお考えなのかお伺いいたします。また、区においても、多岐にわたる障がいについて理解を深め、法の趣旨にのっとり、障がい者への差別を禁止するとともに、尊厳と権利を保障し、全庁的に適切な対応がなされるよう、全職員の服務規律としての対応要領を策定いただきたいと思います。あわせて基本方針にもあるとおり、差別禁止を確実なものとするために、具体的な取り組みとして、相談窓口、職員の研修、啓発の機会の確保等についても対応要領に明記していただきたいと考えますが、区長の見解をお伺いいたします。

実績103 スポーツセンターの多目的トイレにユニバーサルーシートが設置されました。

2015 2015 2015 2015

一般の区有施設には初めての設置となる大人用のオムツ替えシートです。
アリーナのある5階には大きなシートがあります。大きくて良いが、キャスターもなく折り畳みが大変。 1階の正面玄関入って左の多目的トイレのものは簡単に引き出せますが足は出てしまう長さですが、ばっちり使えます。

実績102  法人後見監督

平成22年2月に「地域福祉向上、そして、より良い身上監護を行うためにも、社会貢献型後見人の育成と、それを支える港社会福祉協議会による法人後見監督を進めるべき」との成年後見制度に関する質問を行いました。
平成24年度から法人後見監督が開始されていました。

実績101  観光スポットのバリアフリー情報がアプリで

2015 2015 2015

「港区まち歩きナビ」(ルートMINATO)の日本語・英語による観光スポット案内にバリアフリー情報が追加されました。
 2014.6月 交通・環境等対策特別委員会にて
        バリアフリータウンマップのアプリを提案
 2014.9月 決算特別委員会にて
        観光スポットのバリアフリー情報提供を提案質問
今回は始めの一歩。
更に使い易い物になることを期待しています。

実績100  初当選した直後の一般質問の一部が実現しました。

2015 2015 2015

8年前に初当選した直後の一般質問の一部が実現しました。
医療的ケアを必要とする児童の保育事業です。
大小様々な分野の実績がありますが、この実績が100番目であることに感激もひとしおです。
長男も医療的ケアが必要な時期がありました。
写真は入院中の長男と3番目の子どもを身ごもっている私です。
当時の私は、大事に大事に特別に、1対1での療育を希望し、決して保育園の集団に入れることは反対でした。
当時の港区立のぞみの家の先生に、「子どもは育ち合うもの、大丈夫」と背中を押され、保育園との交流も。
今でも大島分類1の長男ですが、その存在だけで日々の私を元気づけ、勇気づけ、癒してくれている宝の存在です。
誓いも新たに、これからも、長男が教えてくれたことを区政に生かして参ります。

実績99  暗い夜道が明るくなりました。

2015 2015

以前頂いていたご相談が形となりました。
写真右側の街路灯を設置し、暗い夜道が明るくなりました。

実績98  麻布十番商店街の交差点の安全対策をしました。

2015
▶
2015

麻布十番商店街の交差点は、横断歩道と歩道との境目が低くなっているため、雨が上がっても雨水がしばらくのあいだ溜まっていました。
商店街を訪れる方々が横断歩道を避けて車道を歩くことになると危険です。
そこで、雨水の流れる道をつくって頂きました。

実績97  バス停にベンチが設置されました。

2015

皆様、お待たせ致しました。予定より3か月遅れましたが、ちぃばすバス停にベンチが設置されました。
高齢者施設に一番近いバス停で、多くの皆様からご要望を頂いていたベンチです。

実績96  安全対策が実現しました。

2015
▶
2015

保育園前のこの交差点は通学路でもあり、児童遊園のそばでもあり、ヒヤリハット多発。
「自転車も車もしっかり認識してほしい」ということで、横断歩道標識を取り付けて頂きました。

実績95 首都高(株)に鳩除けネットを掛けて頂きました。

2015
▶
2015

1月に、「高架下の鳩の糞を何とかしてほしい」「景観も損ね、何よりも不衛生」とご相談を頂いていた首都高に鳩除けネットを掛けて頂きました。鳩が止まれなくなり、歩道が綺麗になりました。

pagetop